審査ブラックの人は闇金に借りがちですが、ブラックでも融資があるキャッシング会社なら限度額に限りがありますが、融資可!無料紹介所のキャッシング情報☆

二流消費者金融【融資】審査ブラック専門闇金以外の会社のキャッシング情報

二流消費者金融 審査甘い

二流消費者金融審査甘いの記事

  1. 二流消費者金融って何?
  2. 二流消費者金融は甘い審査が特徴
  3. ブラックリストも借りられる二流消費者金融
  4. 不安定な仕事でも相談に乗ってくれます
  5. 信用してもいいのかな?

二流消費者金融って何?

二流消費者金融なんていうと、言葉が悪いのですが、中小消費者金融のことをそう呼ぶ場合があります。
そもそも中小消費者金融って何?と言う方もいますが。
消費者金融は、サラ金と呼ばれていた時代から大きく様変わりをしました。
グレイゾーン、高金利、ヤクザ、暴力団というイメージは払拭され、今やメガバンクの傘下に入っている大手消費者金融も多いです。
有名タレントを使ってのCMもあるように、お金を借りること自体罪の意識を感じることもありません。
銀行カードローンも同様です。

しかし、中小消費者金融は資本が小さい事もありますが、サラ金時代から同じペースで営業を続けているところがほとんどです。
グレイゾーンの撤廃、貸金業法の引き締めなどで、経営破綻に陥る弱小消費者金融はなくなっていき、今残っているのはそんな大変な時代をくぐり抜けてきた金融業者ばかりです。
大手消費者金融に太刀打ちすることはできません。
同じ事をしていたのでは顧客はつかないことから、カードなど作らず、キャッシングは銀行振込、そして、審査基準を大きく下げることで、大手との差を付けたのです。

大手は一流、中小は二流という本当の意味はこうです。
この厳しい審査をパスをした借り手として、収入を含む属性の高さから一流の大手消費者金融と二流と言われるのは、いわゆる一流の大手消費者金融での審査に落ちた方、ブラックリストも受け入れることでの有象無象の顧客ということです。
ブラックOKだけでも、返済が危ない方もいます。
それでも、独自審査によって、借入しやすい甘い審査で顧客獲得をしているといっても良いでしょう。
要するに、審査に引っかかる奴、みんなかかってこいというスタンス。
しかし、二流消費者金融に申し込みは簡単ですが、フルイにかけられ、ここでも審査落ちしてしまう方もいます。

じゃ次三流消費者金融ですか?と言いたいところですが、三流消費者金融は多分ないでしょう。
あるとしたら、悪徳消費者金融の闇金です。
ここに行く方の気がしれないのですが、毎日、毎月、毎年被害状況が報告されているところを見れば、闇金を三流消費者金融として利用している方も多いようです。
騙されているとも知らないで。

言葉はあまり良くないのですが、一流ではないけれど、二流消費者金融は正規金融業者であり、庶民の味方として、過去にも現在にも多くのブラックを救ってきたという実績も大きいです。
しつこい良いですが、三流はありません。
 

二流消費者金融は甘い審査が特徴

人間の感覚として、“甘い”と聞けばなんとなく寄っていってしまう方も多いですが、審査が甘いと聞くと、ほっとする方も多いです。
ここで甘い審査は、消費者金融のことですが、他社で断られた方もとりあえず申し込みしてみてという二流消費者金融については、ブラックリストの方も利入れに成功しています。
いわゆるブラックOKで決して闇金ではない二流消費者金融は、どのような業者なのでしょう?

お金を借りるためには、その会社の審査を受けることになりますが、二流消費者金融では、最低限ことが求められるだけだと言います。
それは、20歳以上で収入がある。
多重債務であったとしても、総量規制の範囲内であり、毎月返済ができている。
ここでお金を借りたら、返済する容易がある。
その他、債務整理後の方は相談してください。
だいたいこのような方であれば、二流消費者金融である中小消費者金融の審査は通ります。

年収の3分の1の総量規制、収入がある、返済できるというのが大切なことです。
多重債務にしても4社程度が許容範囲ですが、4社で総量規制範囲内という、あまり借りる事ができない方が多いです。
そこで、二流消費者金融の特徴ですが、最初から小口融資を対象としていることが多いです。
限度額が小さいためもありますが、もともとの信用がその程度なのです。
最初から100万円とか借りることができない方が多いのですが、債務整理後などで多重債務でもなく、年収に対して返済能力が高い方には歓迎です。
債務整理の場合、多重債務のように毎月の返済が大変なのではなく、単に金融機関手受け入れないだけの話です。
返済ができる、現在と未来の返済について前向きに対処してくれるのが二流消費者金融という場所です。

甘い審査で人を呼び、少しでもお金の御用達ができれば、ということですが、総量規制をはみ出すことはないですし、金利も大手消費者金融割は高めです。
ただ、ブラックリストで少しだけ足りないというときにすぐに借りられるブラック融資としてはとても便利です。
闇金では絶対にないのでとにかく安心です。
正規の消費者金融としての登録もされています。
インターネットでの検索では、中小消費者金融、審査の甘い消費者金融などで出てくるところが、ここで言う二流消費者金融ということになります。
今まで借りられなかった方もここの審査の甘さで借りることができるようなったという口コミは満載です。
 

ブラックリストも借りられる二流消費者金融

二流消費者金融と言われるのは、規模が小さいから、ブラックにも対応している許容範囲の広さなどが関係します。
中小消費者金融の場合、大手消費者金融と同じことをやったとしても客は入りません。
どうにか名前を知ってもらうためのCMもできないのですから、インターネットのサイト公開が精一杯です。

ネームバリューのない金融業者にとっては、CMがないのはデメリットだと思うでしょう?
それが大違いです。
二流消費者金融では、審査の甘さを売りに出しています。
それもホームページにブラックOKとかそんな事は書いていません。
あるとしたら、
  • 柔軟な独自審査
  • ご相談ください
  • 他社で断られた方も申込みができます
の文字。
これだけで、大手消費者金融で審査に落ちた方は期待を膨らませます。
少なくとも大手で審査落ちの方では、内容によっては、二流消費者金融で即日融資もありです。
そのくらい審査が甘いのです。

特に借りるまでのプロセスが、金銭感覚などの相談にも乗ってくれます。
ブラックリストに至る経緯、今までの仕事やお金の話。
同情的な事もありますが、話をしたら必ず借りられるものではありません。
それは、決まりとして、総量規制を超えない、無収入の方には貸さない事は絶対にですから、無責任なキャッシングは絶対に通用しません。
ただ、今後の事やこれから借りたいお金の行方などの計画性のある話ができるのです。

それだけでもこれからの借金生活の道筋がたつこともありますし、どうしてもお金は借りられない状態もあります。
そういった方に対しての債務整理の内容説明などをしてくれるところもあります。
ただ、この時に弁護士の紹介や法律事務所の斡旋などの口コミもありますが、全てがそうではないようです。
一部の二流消費者金融ではしつこいほど説得に入ると言われていますが。

二流消費者金融の融資額は少額が多いです。
信用もありますが、たいてい多重債務などで返済負担が大きい方です。
金利が高い二流消費者金融の借入を加えると相当な負担になるのは目にみえています。
こちらの返済もできなくなるのはやぶさかでないので、あえて最初は低めの設定です。
完済記録が続けば増資もOKです。
最初は少なく、信用を積んでいくことは良いのですが、その分負担は大きくなります。
二流消費者金融の使い方については、内容を確認した上で、一度に完済で終わりというのも一つの選択です。
 

不安定な仕事でも相談に乗ってくれます

二流消費者金融と言われる中小消費者金融では、職業が不安定な方でも、キャッシングの相談ができます。
消費者金融は基本的に必ず収入がある方が審査対象になります。
その収入の証明が在籍確認なのですが、女性の水商売などの場合、収入は不安定です。
しかし、OLよりも遥かに高給取りだったりしますが、大手消費者金融では審査落ちになることも多いです。
二流消費者金融では、そのような方の相談に対応します。

不安定な職業のブラックリストということであればWの理由がついてしまうのですが、それでも話だけも聞いてくれることが多いです。
何と言っても、無収入ではなく、高い収入があるのですから、それを証明する方法なども気軽に話すことができます。
その時に詳しい話をしなくてはならない、来店をしなくてはならないなど、大手消費者金融にはない対応を求められることになります。

この時こそチャンスになるのですが、インターネットだけで簡単申込みでは終わらないアナログ的世界があります。
若い方の場合、その話などができない、したくない方も多いでしょう。
しかし、それをしなかったらお金が借りられない、二流消費者金融のメリットを十分感じられることもできないのが現状です。

カードローンでも無いし、振込キャッシング、お金がほしいたびに電話など面倒名ことをしなければ借りられないのですが、職業で大手消費者金融審査落ちの方などには、二流消費者金融はなくてはならない金融業者です。
来店、面接が嫌でお金を借りられなかったというのもありです。
無理にすることはないのですが。借りられたとしたらもったいないことでしょう。

二流消費者金融のことを闇金と言うかたもいます。
ブラックリスト対応という部分ではそんな声も聞かれますが、正確にはそれは違います。
審査対象としてブラックリストも良いですよということだけで、あとの事については、厳しい審査もあります。
二流消費者金融の中にも審査基準の違いがありますが、厳しいところでは即効落とされるとの噂です。
二流消費者金融と言うよりは中小消費者金融の言葉で検索して出てくる金融業者が二流消費者金融だと言えます。
全国各地に散らばっていますが、全国対応の文字があれば、どこからでも申し込みができます。
しかし、来店の文字がある場合には、必ず来店をしなければ契約そのものができない場合がほとんどです。
来店できないのであれば、最初から申し込まないことです。
 

信用してもいいのかな?

二流消費者金融の中でも街金は、柔軟すぎる審査が話題です。
中小消費者金融というよりは、小規模の街金では、社長などが直接対応することが多いです。
原則的に来店しての契約ですが、いろいろと身の上を聞いてきます。
距離が近いことで、会話が苦手な方はこうした借り方はしないほうが良いのですが、会話が進むうちに、ろくな審査もせずに、貸してくれることが多いのです。
信用情報も在籍確認もなし、とにかくあんたの話を聞いて信用したというものです。

まるでドラマのような内容ですが、こちらの意思や思いを伝えることで、書面上ではない信用を勝ち取ることができますが、これこそ二流消費者金融のメリットです。
近いところでの面接、熱意、希望を与えたあとは、ここの借金は完済をしなければなりません。
こうした二流消費者金融では、裏切りに対しては非情です。
ここが大手消費者金融のような事務的な対応ではなく、ストレートです。
だからこそ、全てを信用してくれるのですから、その期待には対応してください。

そこで、絶対に負担にならない形での契約をすることです。
多重債務や総量規制限度額ぎりぎりの上の借入になってしまう時には、とにかくこれだけは毎月返す、ブラックならブラックなりの仁義を果たすことが肝心です。

街金的な二流消費者金融では信頼した方に信頼してもらうことが何よりも大切です。
たまたま入って契約した結びつきを大切にしたい、と言うよりは儲けにつなげたいのです。
法外な利息をとったりすることはないのですが、感動して言われるままの金利が20%を超える場合は、断ってください。
決めてはこの数字です。
20%以上の高金利は、正規消費者金融ではなく、二流消費者金融でもありません。

ただ社長も良い人だったけれどということはNG。
20%であれば、二流消費者金融として信用しても良いですが、それ以上になるとそこは闇金ということになります。
できれば、ホームページなどがあり、口コミサイトも情報も多い人気のところの申し込みが良いでしょう。
来店でいろいろと話ができるところもありますし、インターネットだけで淡々と契約ができるところもあります。
ただ、審査では電話が来ない事は絶対にありません。
必ず、電話での審査が入り、さまざまなことを聞かれますから、きちんと対応してください。
この時の嘘やごまかしも厳禁です。