審査ブラックの人は闇金に借りがちですが、ブラックでも融資があるキャッシング会社なら限度額に限りがありますが、融資可!無料紹介所のキャッシング情報☆

二流消費者金融【融資】審査ブラック専門闇金以外の会社のキャッシング情報

一流と二流の消費者金融会社の違いは

2018年04月11日 11時56分

一流の消費者金融会社は、れっきとした株式会社が多いです。
もっとも中小消費者金融会社までは、
株式会社が、ほとんどと考えていいでしょう。

いっぽうで街金は、株式会社の体裁をとっていないところもあります。
株式会社かどうかで、一流か二流という線引きは、なかなかできないのですが、
一般的には中小消費者金融会社の中で、一流と、二流消費者金融会社を、
分けることができるといえるでしょう。

意外に思えるかもしれませんが、鳥取県などは、
小規模な消費者金融会社が、多い県とされています。
鳥取県といえば、それほど人口が多くはない県ですが、
消費者金融会社が、多いというのも興味深いところです。

また、自己破産をした、あるいは、
債務整理中であるという人も少なくないかもしれません。

実は自己破産の件数は、この十数年来減少の一途を辿っていたのですが、
2016年度は、一転して増加に転じたのです。
2016年よりも、自己破産の件数が上がっているのか、
あるいは下がったのか興味のあるところです。

一般的に融資ブラックとなった人には融資はされません。
これは法律で決まっているものではないのですが、
ある意味、社会的制裁という意味合いが強くなっているのです。

というのも、自己破産は債務が帳消しになるので、
債権者である銀行などの金融機関、消費者金融会社などの、
貸金業者の痛手は相当なものでしょう。

債務整理は結局お金を払うのだから,問題ないのでは?という考えもあります。
しかし、上限金利の20%は当然として、通常なら収益となる利息以下で、
返済を承諾しなければいけない場合が多いのです。

また一部債務の帳消しを求められる場合もあるということですから、
これも、銀行や消費者金融会社にとっては、
大きな痛手となるのは間違いありません。

いずれにしても、自己破産も債務整理も、
銀行や消費者金融会社に、迷惑をかけるのは間違いありません。

その前に滞納などから始まっているのですが、
滞納はどういった理由であっても、
契約不履行であるのは、間違いないのです。

ですから、自己破産や債務整理というのは、
滞納から始まっていることがほとんどです。
まずは、滞納したという事実から要注意となるのです。

また自己破産や債務整理に至った場合は、
その情報を、信用情報機関より共有しますから、照会情報などで、
自己破産や、債務整理といった金融事故情報を知った場合は、
審査も通ることはありません。

一流か、二流の消費者金融会社を見分けるのも、
ここにあると言ってもいいかもしれませんね。